loading

INTERVIEW

先輩インタビュー

先輩インタビュー

社員への愛を
改めて感じました

OG

佃 梨江


退職のきっかけは?

結婚です。
たまたまご縁があった方が沖縄出身の方で、結婚と同時に沖縄に住むことになりました。

働いていた時の仕事内容

2年間はドコモショップの窓口での接客、3年目で法人営業へ異動しました。
就職活動をしていた頃は「営業なんて絶対できない」と思っていたのですが、実は窓口でのお客様対応とそんなに大きく変わらないんですよね。
お客様のニーズを見つけて、自分たちの出来ることの中で最適な方法を提案するという仕事内容はショップ窓口も法人営業も同じだなとおもいます。

仕事でやりがいを感じる時は?

ショップ窓口の時も法人営業の時も、お客様からの「ありがとう」は嬉しかったです。
特に法人営業になったころからは、それまでよりはるかに多くの判断を自分で出来たりと、より大きな責任を与えられるようになり、もの凄くやりがいを感じました。
「プラスもマイナスも自分」という責任は、仕事を続けるモチベーションになっていました。

仕事での経験が、退職後に役立っていることは?

私は今、デイサービスに勤務しており主に事務作業を担当し、たまに現場でのお手伝いもしています。
法人営業時代に、様々な資料作りを通して得たパソコンスキルが役立っています。
割とアナログな職場なので、ビックリされることが多いです。
利用者様からは「サービスがいいね」「愛嬌があって可愛いね」と褒めて頂けるのが、これは7年間で磨きをかけた最強の武器ですね。
医療・福祉も「サービス」ですので、接客・営業を通して学んだ事は、今後も大切にしたいです。


光栄の社員でいて良かったと思うことは?

やはり充実した福利厚生ではないでしょうか。
社員旅行や忘年会など、本当に楽しい思い出がたくさんあります。
本当に、こんな会社は今時珍しいと思います。おかげで社員同士、仲がいいですね。

沖縄に引越しした後に、姫路西店に勤務している先輩や後輩たちが、沖縄旅行に来た際に食事に誘って下さった時は、「良い会社に勤めたな」と感じました。
また、退職して1年後に沖縄で行った結婚披露宴には、同じ加古川店で頑張った同期の仲間をはじめ、会社から10名の方がお祝いに来て下さり物凄く嬉しかったです。
神戸空港から飛行機で2時間、しかも泊まりですからね。社員への愛を改めて感じました。
ご縁があり、7年もお世話になった会社です。今後も、このご縁は大切にしたいですね。

先輩インタビュー4
Top